【イベント】Reunion ~ part 5

ブリテインのヒーラーハウスのヒーラーは厳しい表情を隠そうともせず彼の患者を見つめていた。
「次は右手をゆっくりと曲げてみてください」
「そう……無理はしないで」
「痛っ」
「はい、それくらいでもう結構ですよ。」

エミリオは右手に走った鈍い痛みに思わず顔をしかめてしまったが、心配そうに様子をうかがっていた幸とブルードラゴンに気づくと力ない笑顔を作って見せた。
一月ほど前サラマンダーに焼かれ火傷を負ったエミリオは、一命を取り留めこそはしたがその身体に残された傷は相当に酷いものだった。
重苦しい空気が部屋中に満ちていた。

エミリオが口を開いた。
「先生、僕の右手はもとのように動くようになるんでしょうか?」

ヒーラーは小さく首を横に振った。
「…………右手だけじゃない、あなたの全身に残された火傷の痕はもう消えません。絵も以前のようには……お気の毒ですが……」

「……そんな!」
幸は思わず声を上げてしまったがすぐに両手のひらで自分の口を塞いだ。エミリオの眼に曇りが見えたからだ。

ヒーラーは続けた。
「サラマンダーに焼かれたそうですが、今こうしていられるだけでも幸運なことなんですよ」
「これからはリハビリを頑張っていただいて日常生活に支障が出ないレベルまでの回復を……」
「どなたか身の回りのお世話をしてくれる方はいらっしやいますか?もしいなければ……」

「……一人にしてくれ」
「エミリオさん……」
「……すまない……一人にしてくれっ!!」
エミリオは声を殺して泣いていた。

ヒーラーはそっとエミリオのそばを離れると、小さな声で助手に彼を見張るように指示した。
「彼が落ち着くまで、そっとしておきましょう」
ヒーラーの言葉に促され、幸とブルードラゴンはヒーラーハウスを後にした。

「エミリオさん、どうなっちゃうのかな……?」
幸の瞳からは大粒の涙がこぼれ落ちていた。
「……画家がその才能を奪われようとしているのだ、無理もない」
ブルードラゴンは続けた。
「しかし妙だな。サラマンダーの炎がエミリオを焼くなどありえないはずなのだが……」
「どういうこと?」
「……それは」

————————————————————

芸術ギルド地下のアトリエではエミリオの弟子たちがアゴをつき合わせて話し込んでいた。

「なぁ、エミリオさんはこれからどうなってしまうのかな?火傷だろう?以前のようにはもう描けないんじゃないのか?」
「もしそうならギルドは師匠をどうするつもりなんだろうな、描けなくなった画家を雇い続けるなんて聞いたことがない」
「描けなくなったと決まったわけじゃないだろう!俺はまだ彼に教えてもらいたいことがたくさんあるんだ!」
「俺だって!」
「おい、大声を出すな!上に聞こえるぞ」
今日も地上階ではエミリオの具合を聞きつけた馴染み客の注文に対する問い合わせが続いていた。

「それにしても……」
弟子の一人が立ち上がり、壁際の椅子にすわってたアメデオに絵筆を投げつけた。
「おい止せ!」
「こいつの、こいつのせいで……!」
「落ち着けよ、気持ちはわかるが今はそれどころじゃないだろう、俺たちだけでも出来る仕事は進めておかなけりゃ……」
「ちくしょう!」
弟子たちは慌しく地上階へと戻ると今後の算段をしはじめた。

アメデオは椅子に座ったまま、足元に転がった絵筆を見つめていた。

20161023reunion5_0

============================================================

日時: 10月23日(日)22時開始
集合場所:ブリテイン芸術ギルド前(六分儀座標:4o 2’S, 8o 30’E Trammel)
※二ュジェルムEMホールより集合場所までゲートを設置予定です。
ニュジェルムEMホールへはブリ第1銀行南側のゲートをご利用ください。

注意事項:
◆ イベントチャットチャンネルにお入りください。
  チャンネル名は JapanEMevent(#なし)です。
◆ Reunion物語の最終回となります。
◆ 当日は戦闘準備のうえ、お越しください。
◆ 今回のイベント開催地はフェルッカを含みます!現地の仕様をご理解の上での参加をお願いたします。
◆ なるべく貴重品は持ち込まないよう、お願いいたします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、
 イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
  - イベント進行の妨害、かく乱行為。
  - EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さんのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう

This entry was posted in イベントお知らせ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.